到着したらすぐに保存がポイント

冷蔵・冷凍のポイント

お野菜・お肉・お魚などの保存に冷蔵が必要なものは、届いたらすぐに箱から出して冷蔵庫に入れましょう。数日中に使うものは冷蔵庫の保存で大丈夫ですが、大量に頼んだ場合は数日中の消費は難しい事もありますね。そんな時は冷凍をしてしまいましょう。
生ものの冷凍のポイントは、なるべく早く空気を抜いて冷凍をする事です。冷凍をする際、出来ればなるべく早く冷凍できる場所で冷凍をする事。ゆっくり冷凍をすると鮮度が落ちてしまいます。
お野菜などの冷凍は、お野菜ごとにポイントが違いますので細かな事は調べて保存をしましょう。
生ものもお野菜も、解凍したらすぐに使える状態で保存をしておくと調理の時短にもなって便利ですよ。
例えばお肉は一口大に切って、解凍したら炒めるだけにしておくなど。キノコ類などは一度冷凍をした方がうまみがアップするなどの冷凍することでの特典もありますね!

運搬の際の注意点

新鮮な食品が届いた場合、例えばイベント会場などに運ぶ時は適温で運ぶことを心がけましょう!
移動の時間がどれくらいかかるかにもよりますが、大きなクーラーボックスがあると便利です。食品を使う寸前までは冷たい状態を保ちたいものです。
お肉・お魚など火を通して食べるものは火を通すことによって細菌を殺菌することが出来ますが、サラダなど生で口に入れる可能性があるものはお肉・お魚とは別のクーラーボックスに入れて食べる直前までは冷やしておくことによって細菌の発生を抑えられます。
ただし、夏場など外の気温が高い時に外で食べる場合はなるべく火を通して食べる事をおすすめします。
BBQの場合は、お肉・お魚は下味をつけて冷凍をしておき、クーラーボックスでゆっくり解凍すると鮮度も保つことが出来、解凍次第調理ができるので便利です。ぜひ、お試しを。


Share!
B!

ページTOPへ